トップページ > 助成の実績 > 虎御前山の里山保全・整備活動

虎御前山の里山保全・整備活動 /虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会

事業の概要

滋賀県長浜市にある虎御前山は、織田信長の上洛を推し進める上で歴史上大きな役割を果たしました。それ以前に古代から戦国時代にかけての古墳や城郭の遺構が、よい状態で残っています。しかし山に人が入らなくなって荒廃が進んでいます。そこで、専門家である顧問の指導を受けながら、地元や周辺地域の協力を得て、下草刈りや登山道の整備、遺跡の測量、現地見学会、看板の修理、子どもの里山体験の支援、古墳測量の報告書も作成などを行います。

虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像

虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会は、長浜市旧虎姫町にある虎御前山に広がる古墳や中世城郭を後世に伝えるための保全や顕彰を行っている団体です。こうした史跡は、虎御前山を縦走する登山道に沿っているため、登山道の整備や草刈り、里山保全の活動に取り組まれていて、夏原グラントは2年間のファーストステップ助成に続いて応援しています。
 2019年7月13日(土)に、会が実施されているJRふれあいハイキング「虎姫の古刹・田んぼアート・虎御前山めぐり」に同行させていただきました。

 JR虎姫駅で集合し受付を済ませます。この日は14人の参加でした。横山会長からの挨拶の後、早速ハイキングへと。

虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像
虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像  
 午前中は、虎姫地域の旧跡名所巡りです。

虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像
 最初に行ったのが、東本願寺の別院である「五村別院」。元三大師良源が比叡山に戻るときに村の初めまで見送った「いとまごい橋」と良源生誕地の「玉泉寺」を巡りました。

虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像  
虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像  
五村別院


虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像  
いとまごい橋


虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像  
虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像  
玉泉寺


虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像  
昼食会場となった「虎姫時遊館」は、遊び・集い・学ぶをテーマにとして、虎姫の魅力や歴史、伝統などを紹介している施設です。
  
午後からは、いよいよ虎御前山の縦走です。

虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像
田川を渡り、矢合神社を目指します。

虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像
神社へ向かうときに、早速古墳を発見。

虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像
虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像  


 
 
虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像  
矢合神社は地元中野地区の氏神です。筆者が小学生だったときに遠足に来ましたが、当時は、神社までしか遊歩道がなかったそうです。
 


虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像  
神社を過ぎると、古墳や織田信長が浅井長政を征伐するためにつくった虎御前山砦が登山道に沿って点在します。
 
虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像
途中、水道タンクの展望台から田んぼアートを見学しました。地域活性化のために、毎年デザインを変えて実施されているそうです。


虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像  
ここから、河毛に向けて一気に縦走です。前方に見えるのが、浅井長政の居城のあった小谷山です。 


 
虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像  
NTTの電波塔を超えて進みます。


虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像
虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像  
会では、一帯の保全整備の一環として、戦国期の礎石建物の一部復元をされていて、看板も立てられています。

 
虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像
虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像  
会では、定例活動として、毎週メンバーが集まり、草刈りや登山道整備とあわせて、古墳の測量を行っています。
   
 
虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会 活動の画像  
あとは、急な坂道を下っていきます。


途中、雨に降られながらも、無事、JR河毛駅に到着し、解散となりました。遊びの要素を活動に取り入れながらも、虎御前山の史跡や景観を守って行こうとされている虎御前山古墳と中世城郭保全顕彰会の取り組みに敬意を表したいと思います。

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページトップに戻る