トップページ > 助成の実績 > 小塩山のコナラ林の若返りを進め、カタクリ・ギフチョウ保全と薪資源の活用を図る

小塩山のコナラ林の若返りを進め、カタクリ・ギフチョウ保全と薪資源の活用を図る /西山自然保護ネットワーク

事業の概要

京都市西京区にある小塩山は、京都府か京都市以南で唯一のカタクリ群生地であり、ギフチョウ育成地です。1960年代から炭焼きなどが行われなくなり、コナラが育ちすぎています。そのコナラを伐採して若返りを図るとともに、現在、会員と市民の協力で張っている獣害ネットを張りなおすことを目指して活動中です。伐採した樹木は薪にして運び出して利用します。

ただいま取材中です。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページトップに戻る