トップページ > 助成の実績 > 希少コウモリの生態調査ー保護と生物多様性維持に向かって

希少コウモリの生態調査ー保護と生物多様性維持に向かって /島コウモリ調査グループ 

事業の概要

島コウモリ調査グループは、2014年にクリスチャン・ヴィンセント助教授が立ち上げた研究団体で、京都大学の生物圏情報学研究室に拠点を置き、日本や海外で絶滅の危機にあるコウモリの研究と保護に取り組んできました。夏原グラントの助成を受けて、京都・滋賀の希少コウモリのねぐら、餌場、行動範囲を、調査方法を3つ組み合わせて調べます。生態解明などの調査結果は希少コウモリの保護計画にもつなげる情報となります。

これから取材します。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページトップに戻る