トップページ > 助成の実績 > ニホンミツバチの蜜源の谷づくり事業

ニホンミツバチの蜜源の谷づくり事業 /沖島里山保全の会

事業の概要

滋賀県近江八幡市の沖に浮かぶ沖島をフィールドに、2019年度から夏原グラントファーストステップ助成を受け「沖島の山道整備事業」を開始し、台風による倒木の除去や、耕作放棄地のある湯ケ谷(やんたん)の整備活動を2年間行ってきました。今回の事業では、引き続き湯ケ谷の耕作放棄地や周辺の湖岸の整備を行い、ニホンミツバチを捕獲し飼育も行います。整備した場では環境学習や採蜜体験などが可能なので、将来的には会が自立するための資金づくりにもしていけたらと考えています。

これから取材します。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページトップに戻る