トップページ > 助成の実績 > 竹林の整備による放置竹林の発生防止と景観保全

竹林の整備による放置竹林の発生防止と景観保全 /特定非営利活動法人 京都発・竹・流域環境ネット

事業の概要

自然環境・景観を守るため、不要な竹の伐採、竹チップの作成などを行い、放置竹林の増加を防ぎます。タケノコ栽培の方法を守るため、竹の伐採を行いタケノコの生育環境を守ります。また、伐採した竹を、洛西地区で景観を守る竹垣・竹穂垣に利用します。流しソーメン用の竹を、地域の施設用に作って活用します。

これから取材します。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページトップに戻る