トップページ > 助成の実績 > 滋賀県の河川・湖沼等の環境保全を目的とした最新科学技術の活用と地域環境問題解決

滋賀県の河川・湖沼等の環境保全を目的とした最新科学技術の活用と地域環境問題解決 /未来生物学研究所(学生団体)

事業の概要

未来生物学研究所は2018年に大学で学んできた知識と技術を地域の人々に伝え、使ってもらおうと、若手研究者の団体として発足しました。環境DNAという、生物を捕獲せずに土や水からDNAから生息情報を得るため、生物個体を傷つけません。滋賀県内(主に長浜市と彦根市)で活動しています。具体的には、滋賀県ゆかりの生物の生息状況および生息環境などの自然環境調査、最新科学技術を用いた生態調査やそれにまつわる研究会や観察会、シンポジウム、啓発活動などの開催、小学校などへの出前授業、淡水魚水槽展、生息情報の整理などを行う予定です。

これから取材します。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページトップに戻る