トップページ > 助成の実績 > 地球とあそぶひみつきち

地球とあそぶひみつきち /地球とあそぶひみつきち

事業の概要

京都市西京区の大原野で、約20年耕作放棄された土地を借りて、子どもたちがどろんこになって遊んだり野菜を作ったりできる会員制の場所が、地球とあそぶひみつきちです。毎週曜日を決めて「あそぶ日」「はたけの日」と、みんなで一緒に森の中で遊び、あるいは農作物のケアをします。土日は「整備の日」として、ひみつきち自体の整備活動を行います。毎月第3土曜日はイベント「地球とあそぼう」として、その季節の自然を楽しむ会。暑い時期は川遊び、寒い時期は火おこしや焼き芋、バームクーヘンづくり、みそづくりなどを予定しています。森や川に囲まれた農地で、あそびや農作業を通して、健康的なココロやカラダをつくつ機会を提供します。

これから取材します。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページトップに戻る